固定電話の賢い活用方法を知ろう|リーズナブルな点が魅力

使わない固定電話は休止を

男性

固定電話を使わなくなったら、利用休止にすることで、電話加入権は持ったまま基本料金の節約ができますので便利です。休止の期間は五年となっており、延長や復活などの申し出がなければさらに五年延長されます。この延長期間が過ぎると自動解約となりますので、この点はしっかり理解してから休止を行いましょう。

もっと見る

回線の種類

IT

かつて固定電話を使っていた人には電話加入権があります。電話会社に引き取ってもらえますが1000円程度にしかなりません。将来固定電話を引くと新たに電話加入権を取得する時に36000円かかります。このような時は手放さないで休止にしておくと便利です。固定電話の回線にはアナログとISDNの2種類あります。

もっと見る

最善策を選択しましょう

オフィス

譲渡も可能です

固定電話をつけたいと考えたとき、直ぐには開設できないことを知っておく必要があります。まずは電話加入権を購入してから開設する流れになります。親族などで使っていない電話加入権があればそれを利用することも可能です。電話加入権は、一度購入すれば一連の手続きを取ることで、引越し先でも利用することができます。また、既に使っていない電話加入権を他の人に譲ることもできます。固定電話を開設する準備をする前に、親族などで使用していない電話加入権がないかをリサーチすると開設費用を削減することができるでしょう。また、電話加入権は定期的に更新する必要があります。更新を怠ると権利がなくなってしまうので、特に注意が必要です。

リーズナブルな点が人気

近年では様々な方法で固定電話を開設することができます。電話回線を使わない方法でも開設が可能で人気になっています。ケーブルテレビやインターネットを開設している人は、それらの回線を利用することもできるのです。その場合、毎月の基本料金や使用料金が従来の電話回線に比べてリーズナブルになる傾向があります。しかし、エリアや利用時間帯によって、通話が途切れたり声が鮮明でないケースも起こりえます。メリットとデメリットを比較して、自分の納得できる方法で固定電話を開設しましょう。近年では多少のデメリットに目をつむってもお得に利用できるケーブル回線やインターネット回線が人気の傾向があります。携帯電話も併用していることも理由と言えます。

固定電話回線の魅力

女性

電話加入権とは、電話会社の持つ固定電話回線を利用するために必要な権利のことです。インターネット回線を開通させるときなどにこの電話加入権の有無を選ぶことができ、電話加入権あるタイプを選んだ方がコストパフォーマンスが高いです。

もっと見る